芦屋,神戸,西宮の整体院イースガーデン
顎関節症の整体について

顎関節症について顎関節症について
口を開けると痛い、口が開かない(開口障害)、口を開けた時のクリック音、ポコッと顎が横にずれる、噛むと歯の接地面に違和感がある
噛み合わせが悪い、顎が痛い,顔が非対称、頭の形が歪んでいる

口を開けると痛い、口が開かない(開口障害)、口を開けた時のクリック音、ポコッと顎が横にずれる、噛むと歯の接地面に違和感がある
噛み合わせが悪い、顎が痛い,顔が非対称、頭の形が歪んでいる

 

 


 
2人に1人が潜在的な顎関節症といわれてます
特に10代から50代くらいの女性が多くイースガーデンに来られます
そのほとんどが他にも肩こりとか首こりとか 肩甲骨の間がこる 股関節(脚のつけね)が固い 痛い
膝が痛む などの症状を一緒に持っています

まだ違和感くらいならいいのですが痛みがでてくると、とてもたちが悪いです
ひどい症状になって
歯医者や整形 口腔外科に相談 治療にいかれるのですがなかなかいい結果が出ないのが現状のようです
だから多くの方が顎関節症に対応する整体院やカイロプラクティック オステオパシーなどに頼る
これらの民間療法の問題点は対応しているところが少ない ことです
本当に少ないです

当院の整体でも来られる方すべてに速攻でよくできるわけではありません
歯並びなどの歯列矯正をみてもわかるように骨の状態を整えるのに時間がかかるケースが多い
手術で一晩で治すというものではありません

でも歯医者さんや口腔外科での治療ではできない(しない)方法で顎関節症にアプローチすることで
多くの方が快方に向かいます
そのアプローチとは
1単純に頭蓋骨(頭の骨)をしっかりいい状態にする 
2その中で顎の骨とそれを繋ぐ筋肉を調整する
3それにともなう筋肉 腱 骨格、体全体のバランスを整える 
4心理的なストレスをリリースする調整をする
 です

虫歯、噛み合わせ 審美の点から奥歯 親知らずを抜いて顎関節症になるケースもかなりあります

大見出し:タブ1


歯並びがいいから噛み合わせがいいわけではないということ

最近流行っている審美の歯科治療 歯並びをきれいにみせる
その矯正時に、顎がおかしくなった方といわれるかたも多い

歯は顎の骨と顔の骨についている末端です 耳たぶの真後ろのぽこっとした骨をさわってみてください
顎の問題を抱えているかたは左右で高さや前後の位置がちがうのがわかります
頭の骨がそれだけ、アンバランスだということです
噛み合わせは頭の骨のバランスが左右でとれていることが大前提です 
いくら歯並びがよくても顔と頭の骨のバランスがしっかりしていないと当然、問題はおこります
残念ながらほとんどの歯医者さんはこういった概念をもっていません

大見出し:タブ2


歯科治療で顎関節症になる方が多いです  歯と歯との間に入れる詰め物は頭蓋骨の形を変えてしまいます
くさびを打ち込んでるイメージをしてください 同じ原理です 頭蓋骨は20以上の骨のパーツでなりたってますが接合部分は完全に固まっているわけではありません うちこまれたくさびの力は固まっていない接合部分にいきます これが頭全体のアンバランスを生み出し、ゆとりがある顎の関節に負担がおしよせる仕組みです
 

治療時における口を開けるということが関節にすごく負担をかけます


1日の内、上の歯と下の歯が合わさっている時間は40分程度といわれています(主に食事の時)
通常では口は閉じていても奥歯をしっかりと噛み締めていることは少なく 奥歯はやや浮き気味です

それにくらべ歯科治療の時のような口を大きく開けること(指2、3本が縦に入る程度)は1日に1分もしているか、していないかでしょう
これを歯医者さんでは3分から10分も開けています しかも治療箇所が対象なので器具を突っ込んで、左右では開けるバランスが微妙にちがう形で、、

テコの原理で考えると 口を開けた力はテコの原理で作用点である顎の関節に力が集中します
いつもよりちょっと大きく開けたつもりでも顎には普段の何倍もの負担がかかってきます

腕に力こぶを作るように筋肉に力を入れるのを3分間以上、同じ体勢でしてみてください
どうがんばっても筋肉はふっと力が抜けて、同じ体勢で力が保てないのがわかります

歯の治療が目的ですのでこのふっと力がぬけた状態でも歯医者さんは気にしません 
顎のことを考えたらこまめに休憩をいれての歯の治療が理想的ですが現実では歯医者さんは効率を優先していますしそんな概念もありません

でも顎の力が入らない状態で口を開けつづけることは危険な状態です
(関節を守るはずの筋肉がバカになっている状態ですので)
この状態ではどんな健全なかたでも簡単に顎関節症になります

大見出し:タブ3


重度の方、長期的に煩っている慢性的な顎関節症の方に睡眠障害(不眠症)から気分障害(鬱病)を持つ方が多い
どうしてか?
外界から自分を守るための器官である 人の5感(嗅覚、聴覚、味覚、視覚、触覚)の全てが顔にあります
それほど顔は敏感で繊細な部分ということですよね

顔や頭の感覚は繊細さゆえ、刺激にたいする許容範囲が広くはありません
過剰だと必ず頭痛としてでてきます
例えば かき氷で頭が痛くなる、目の疲れからの頭痛、ちょっと大きな音量でも長いこと聞いてると後で頭が痛いなど

これは筋肉の緊張でおこるのですが顎関節症も同じです
違いは顎関節症では関節の異常による筋肉の緊張があるのでこれが直らないかぎりずっと顔と頭の緊張がつづいている状態だということです

寝るとは心も体も緊張と解き回復する時間です が、、、その緊張が解けていない
ので当然 眠れなくなります 眠れないと精神に問題がおこる
このパターンが多いです
まずは緊張を解くことからはじめましょう!
 

 

大見出し:タブ3

 

 
虫歯の治療で痛い目にあうのでみなさんしってますが歯には神経が通ってますよね いらないといわれている親知らずどんな歯にでも 
この歯と歯茎の間の歯根膜には 固有知覚 という特別な神経反射のスイッチがついています
これは交感神経という人が活発に活動するときに入るモードを刺激するスイッチです
例えばあくび 眠たいときにするこのあくびは顎にある咀嚼筋(噛むための筋肉) からこの固有知覚をだして交感神経を活発にするそうです
つまり これが顎の痛みなどで常に刺激されている状態だとつねに交感神経が刺激されている状態になります
寝ているときはリラックスモード 副交感神経が優位でなければいけないのですが、、、
当然 眠れない、寝ても寝た気がしない大きな原因となっています
 

 
 

ポイント

 

頭と顔の骨はパズルのようにつながっていてお互い接している面が少ない!

 

              ↓

 

他の頭の骨や顔の骨の接着面にくらべて顎の関節は噛んだり、話したり、動かす必要があるので関節面に遊び(空間)がある

 

              ↓

 

だから力学的な力がここにしわ寄せとして顎にくる

 
 

 

 

 

 
 
 
 
 

顎関節症の原因といわれているプラキシズムについて

歯をすり合わせるグラインディング、食いしばるクレンチング、上下の歯をカチカチと小刻みに接触させるタッピングがあります。これらはすべて無意識のうちにおこなわれています
いずれも過度の状態だと、歯、顎の骨、筋肉、顎の関節に負担をかけます


●歯ぎしり

このうち成人になってからのグラインディングとクレンチングはなにかしらの問題を解決しようとする体からのシグナルとみます
花粉症の時の鼻水やくしゃみのような体の反応です
今は症状がなくても近いうちに顎関節症になる可能性が大きいです

●くいしばり
スポーツ選手などはパフォーマンス時にすごい力でくいしばるので奥歯がボロボロになるひともいる
といわれています
瞬間的に力を入れる野球のバッティング、重りを上げるウェイトリフティング、柔道などは事実 しっかりと食いしばりますが、スポーツ選手だから顎関節症が多いといいう事実はまったくありません
くいしばりが原因ではないことを意味しています
構造上や精神状態が原因で
結果 くいしばっているのです


●タッピング(カチカチと歯をならす)
睡眠時(レム睡眠)の眼球運動と同じく手足の末端と顎は寝ている時、自動調整運動を行う場所です
子供さんが寝ているときよくピクピクと目がうごいたり
顎がカクカクしているのをみたことありませんか?
寝返りもそうですが体自身が調整しようとしている作用です
これはだれでも行っていることです
これもそれ自体が問題というよりはタッピングで顎や頭の筋肉が疲れたりひどくなるような体の状態に問題があります